新築注文住宅の株式会社アルファ建築空間が家づくりのための資金計画についてお話しします。

住宅セミナー・イベント情報

お知らせ・スタッフブログ

お知らせ・スタッフブログ

本社Facebook

本社Facebook

佐世保営業所Facebook

佐世保営業所Facebook

Instagram

Instagram

不動産情報 at home

不動産情報 at home

資金計画

家づくりで考えたいお金のこと、住宅ローン

マイホームを現金でポンと買うことのできる一部の人は別として、多くの方は自己資金で足りない部分を住宅ローンで借り入れることになります。
しかし、額が決して小さいものではないだけに、その借り方はもちろん、返し方まで含めて慎重に考えなければなりません。
こちらでは、家づくりのための資金計画をどう考えるべきかについてお話しします。
佐賀県鹿島市で新築注文住宅を手がける株式会社アルファ建築空間では、資金相談も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

将来を見据えた資金計画を

将来を見据えた資金計画を

支出のバランスを維持することが大切

家は建てて終わりではありません。むしろ建ててからが本当の家づくりと言えます。なぜなら長期にわたる住宅ローンの返済が待っているからです。こうしたことを言うと「マイホームの夢が揺らいでしまう」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、資金計画をしっかり立てておけばこうした懸念の大半は軽減するはずです。

たとえば、人生の三大支出というものに「住居費」「教育費」「老後費」があります。なぜ、これが三大支出なのかと言えば、どれも額が大きいからです。

住居費とはもちろん住宅ローンの借り入れのことですが、イメージとしてはこれが一番の出費に思えるかもしれません。ところが実際には、教育費にしても老後費にしても数千万円に上るので、どれかが突出することは家計のバランスを大きく崩す要因になります。もちろん、住居費も例外ではありません。

人生の危機に直面しないために

人生の危機に直面しないために

確かにお金をかければかけただけ建物は立派になりますが、その分、家計が圧迫され、毎月の返済が苦しくなります。それだけならまだしも、子どもの教育費や自分たちの老後資金を取り崩すことにでもなれば、人生の危機に直面することにもなりかねません。こうしたリスクを避けるためにも建築費用の総額をどこまでにするか、住宅ローンの借り方や返し方をどうするかを真剣に考える必要があります。

資金計画のポイント

資金計画のポイント

購入時のことだけでなく、中長期的な視野で考えることが大切

住宅ローンの借り方や返し方を考えることも大切ですが、もう一つ見過ごせないことがあります。それは、家づくりに伴う諸費用の問題。マイホーム資金と言うと、建築費用や土地の購入代金ばかりイメージしてしまいますが、そのほかにも、引っ越し代や新居に置く家具・家財の購入代なども別途かかることを忘れてはなりません。また当然ですが、不動産を購入すれば翌年以降は固定資産税や都市計画税の納税義務が生じます。もちろん、これだけではありません。木造住宅では多くの場合、10年ごとに外壁や屋根の塗り替えをする必要があります。購入時のことだけを考えるのではなく、中長期的な視野で資金計画を立てることが必要だと言えるでしょう。

Pick up

自分に合った住宅ローンを選ぶ

自分に合った住宅ローンを選ぶ

住宅ローンと聞いてすぐに思い浮かべるのは、住宅金融支援機構の「フラット35」でしょうか。その名の通り、全期間固定金利型で最長35年の返済期間が設定されています。あまりに有名なので住宅ローンと言えばこれしかないと思っている人も少なくありませんが、実際は、金利変動型、初回から完済まで月々の返済額が変わらないもの、段階的に増えていくもの、それらを組み合わせたものなどを含め商品数は4,800種類にものぼります。確かにフラット35は人気ですがオールマイティーではなく、収入や家計状況から考えると別の住宅ローンのほうが適している場合もあります。ただし、その判断は難しいところですので、迷ったらやはり専門家に相談するのがよいでしょう。なお、アルファ建築空間では、皆様からの資金相談を承っています。詳しくはお電話またはこちらよりおたずねください。