新築注文住宅の株式会社アルファ建築空間が賢い土地探しについてお話しします。

住宅セミナー・イベント情報

お知らせ・スタッフブログ

お知らせ・スタッフブログ

本社Facebook

本社Facebook

佐世保営業所Facebook

佐世保営業所Facebook

Instagram

Instagram

不動産情報 at home

不動産情報 at home

土地探し

賢い土地探しのためのヒント

マイホームを計画中だけど、土地はまだアテがなくて。どう探したらよいかもわからない──
そんな人は意外に多いかもしれません。実際に、理想的な条件を備えた土地を見つけるのは想像以上に難しいからです。
でも、ご安心ください。株式会社アルファ建築空間が、賢い土地探しのためのヒントをここでお話しします。
なお、佐賀県鹿島市で新築注文住宅を手がける株式会社アルファ建築空間では不動産部門を持ち、地域の物件事情にも通じています。
家づくりだけでなく、土地探しも当社にお任せください。

住宅建築に適した土地選びとは

住宅建築に適した土地選びとは

素性のよい土地というだけでなく、ロケーションも考慮する

住宅建築に向いた土地というものがあります。たとえば東南に向いているとか、角地であるとか、道路付けがよいといった土地が該当します。また、敷地はできるだけ広く、いびつな形をしていないほうが設計しやすく、理想の間取りに近づけることができると言われています。ただし、土地選びはこれだけで決まるものではありません。もちろん、素性のよい土地であることは理想ですが、かといって、その土地の周辺環境が好ましく思えないならマイホームを建てても後悔するだけです。

今のことだけを考えない。将来も見据えて土地を選ぶ

今のことだけを考えない。将来も見据えて土地を選ぶ

重要なのは、建てる方にとって理想的なロケーションであること。ただし、その理想も人によって大きく異なります。たとえば、通勤通学のアクセスがよく、商業施設や病院、公共施設などが点在する利便性のよい都心部がよいと考える人もいれば、多少不便でも自然が豊かでのんびりできる土地が理想だという方もいらっしゃいます。ただし、気を付けなければならないのは、理想とするロケーションは年齢などによって変化するということ。通勤の必要がなくなった定年退職後は静かな郊外で暮らしたくなるかもしれないし、また、逆に徒歩でショッピングや日常の用が足せる都心部に暮らしたいと思うようになるかもしれません。このように将来のことも見据えながら、どのような土地、ロケーションがベターなのかじっくり考えることが大切です。

アルファ建築空間なら土地探しもお手伝いできます

アルファ建築空間なら土地探しもお手伝いできます

こうして考えてくると、土地探しもなかなか骨が折れる作業かもしれません。実際、ご自分で探すとなれば休日など仕事の合間に現地を見て回らなければならず、その労力も決して小さくはありません。それならいっそのこと、家づくりだけでなく、土地探しもアルファ建築空間に任せてみませんか? 当社は住宅建設だけでなく、不動産事業も手がけておりますので、佐賀県鹿島市、長崎県佐世保市の土地事情にも精通しています。しかも、建築士が、住宅建築という見地から可能な限り理想的だと思われる用地を吟味しますのでなお安心です。もしお任せいただけるなら、まずは当社までご相談ください。お客様がどんな街に暮らしたいか、ロケーションへのご要望なども加味して、最適な土地の候補をピックアップさせていただきます。

土地探しのポイント

土地探しのポイント

設計力の確かな工務店なら、どんな土地でも理想の家をプランできる

上で述べたように、住宅建築に適した素性のよい土地というものは確かにあります。十分に広く、長方形をした土地、日当たりのよい東南向きの土地などがその典型ですが、仮にこうした条件を備えていなくても、じつは設計次第で理想に近い家づくりは十分可能です。たとえばアルファ建築空間なら、住宅設計を建築士が担っているので、狭い土地や変形地と呼ばれるいびつな形状の土地でも、その悪条件を逆手にとって、住みやすく使い勝手のよい間取りにすることができます。

Pick up

土地購入は工務店を決めた後に

土地購入は工務店を決めた後に

家づくりで気を付けたいのは土地購入のタイミング。確かに、土地がなければ家は建たないので、こちらを先行したいというお気持ちはわかります。ただし、先に土地を購入してしまうと、残りの予算で家を検討しなくてはならず設計の融通が利きません。むしろ、住宅建築に充てられる総予算をある程度はっきりさせてから土地を探したほうが資金配分をしやすくなります。なぜなら、土地はロケーションや条件次第で支出を柔軟にコントロールできるからです。これに比べ、建築費用はここまで弾力的に変更できません。できたとしても、不本意な妥協を伴うことになります。こうしたことから、当社では、工務店を決定した後に土地購入されることをおすすめしています。