新築注文住宅の株式会社アルファ建築空間が家づくりのコンセプトをご説明します。

住宅セミナー・イベント情報

お知らせ・スタッフブログ

お知らせ・スタッフブログ

本社Facebook

本社Facebook

佐世保営業所Facebook

佐世保営業所Facebook

Instagram

Instagram

不動産情報 at home

不動産情報 at home

永く快適に住める家づくり

  • HOME
  • 永く快適に住める家づくり

高気密・高断熱・高耐震・省エネ=住宅性能の追求

洗練された外観、インテリア、そして機能的な間取りと言った要素は“よい家”を物語る条件に違いありません。
ただし、その魅力も住宅性能に問題があればすべて台無しになってしまいます。
佐賀県鹿島市の株式会社アルファ建築空間では、高気密・高断熱・高耐震・省エネという各性能について、長期優良住宅などをはるかにしのぐ性能を確保。
永く快適に、そして安心して住める家づくりに取り組んでいます。

高気密性

高気密性

国が定める基準値にのっとった気密性

すき間風が入るような家は室内と屋外の空気や温度の交換が頻繁に起きています。したがって、当然のことですが冷暖房効率が悪くなり、室内の快適性も損なわれます。こうした家は気密性の低い家と言えるでしょう。反対に気密性の高い家とは、すき間風が入りにくい家のこと。その度合いを示す指標が「C値」と呼ばれるもので、これは1平方メートルあたりどれだけのすき間があるかを表しています。たとえば国が掲げる目標値は「5」で、1平方メートルあたり5平方センチメートルです。

高断熱性能

長期優良住宅の基準にそった断熱性

建物の気密性がいくら高くても、熱そのものは窓や壁を通して室内から屋外へ逃げてしまいます。反対に、屋外の熱が窓や壁を通して室内に伝わることもあり、断熱性とはこうした熱交換の度合いを示す性能のことだと言えます。なお、住宅の断熱性能については、国が定める基準値が長期優良住宅の一つの目標になりますが、アルファ建築空間が建てる家はこの基準値にのっとった家づくりを行っております。

耐震性能

耐震性能

家の骨格となる柱は「檜の4寸角」
で高い強度を確保

巨大化、激甚化する昨今の地震、台風などの災害を考慮すると、住まいは建築基準法で定められる耐震性を確保するだけでは決して安心できません。そこで、アルファ建築空間では、家の骨格をなす柱に4寸角の太い檜材を採用し、万全の強度を確保しています(一部の2×4住宅、ログハウスなどを除く)。

省エネ性能

省エネ性能

猛暑が続く夏の消費電力を住宅性能の向上で抑制

地球温暖化による夏季の猛暑。これは一昔前には考えられなかった異常な事態で、当然、冷房にかかる電気消費量もかつてないほどに高くなっています。そこで、問題になってくるのが光熱費の高騰。消費増税で負担が増えていることとあいまって、家計を圧迫する要因となっています。こうした状況を考えると、より一層の省エネ対策が不可欠です。